武器を売ることでの金融経済

武器を売ることで、金融経済が良くなるのか?という疑問があるかもしれません。 それに対しては、ある、ということが過去に証明されています。 日本は、過去に太平洋戦争で敗戦しました。 その際には、日本はとても貧しく、食べ物にもとても困る状況であり、戦争などで物資や人を失った日本は、とても厳しい貧乏な暮らしを多くの人が体験をされました。 お年寄りの方は、このときの体験について、とても克明に覚えておられる方がとても多いです。 家族揃って、貧しい食事を囲んだ…とても大変な時代だったということを、多く語ってくださいます。 武器を売ることでの金融経済の回復があったのは、太平洋戦争後に、朝鮮周辺で、戦争が起こったことによるものです。 この時の朝鮮で起きた戦争で、日本は金融経済として、朝鮮で戦争をしている人たちに対して、武器を売りました。 そのことによって、武器を売ることによりお金が日本の経済を発展させたのです。 武器を売ることで金融政策が成り立ったのです。 このことにより、日本の国民の生活水準はとても上昇し、豊かな暮らしを多くの人が送れるようになりました。 戦争によって、景気が良くなってしまったということです。 武器を売れば、その分利益が生じます。 そのため、その利益が日本の国内に流れてきた…ということです。 また武器を作るには、人の手がいります。多くの人が武器を作るためなどに求められ、そのため、求人などが増え、所得につながったということです。 このように、武器を他国に売るということで、お金を得ることができ、またそれと同時に日本は国民が豊かな生活を手に入れることができました。 太平洋戦争の後に、この朝鮮での戦争がなければ、急激に日本が発展を大幅にすることは出来なかったのではないかと言われています。 戦争がなければ、急激に発展をすることは厳しかったと言われています。 それくらいに、武器を販売することは、景気の回復に大きな影響をもたらしました。

↑ PAGE TOP