金融破綻は国の終わりなんて事も

金融破綻は国の終わり…という言葉がありますが、これは過去に日本であったことです。 金融破綻は国の終わり、これは、かつて太平洋戦争で敗戦した際に、日本で起こりました。 国の終わり、日本が戦争に負けたことによって、金融破綻が起こりました。 戦前に、日本の国債を購入していた人が、日本が敗戦したことにより、金融価値が国債になくなってしまい、預けていたお金が紙切れになってしまった…ということが過去の日本にあったのです。 そのため、金融破綻は国の終わりということはあるのです。 昔の日本では、戦争が行われており、またその際の資金源として、国債が発行され、お国の為に…という思想から、国債が売られていたことがありました。 しかし第二次世界大戦・太平洋戦争に日本が負けてしまったことにより、それらの国債が無価値なものになってしまったのです。 これは、日本で戦争を体験されてきた世代の方たちの記憶に、きちんと残っています。 そのため、金融商品などを購入する際にも、この過去の出来事を思い出す方もおられます。 これらのことが起きたのは日本だけではありません。 太平洋戦争よりももっと前の、ドイツでも、このようなことがありました。 その際には、不景気になり、お金が価値をもたなくなってしまった時代でした。 給料として、労働の対価としてお金は支払われましたが、その価値がデフレにより、下落し、お金の価値がなくなってしまったということです。 この際には、ドイツは国が終わりになり、それが第二次世界大戦の引き金にもなりました。 不景気と、これらのことはとても密接に関っています。 特に、世界的な恐慌などがあった際には、このような崩壊がありました。 また、お金の価値がなくなってしまい、上記のようなことが起こりました。 金融の商品が崩壊してしまう場合は、その国が終わってしまうという事柄は十分にあります。 また、このようなことがあるため、お金よりも黄金を欲しがる人も中にはいます。

↑ PAGE TOP