金融政策に興味を持っている国民は

金融政策に興味を持つ国民の方は多いと思われます。 国際社会の金融事情は、なかなかに厳しいです。 日本の銀行などがマネーロンダリングに使われていることが分かったため、日本では金融機関で送金を行う人などに、身分証明書などを必ず提示してもらい、本人確認を行うことを必須としました。 例えば10万円以上の送金などを行う場合には、必ず身分証明書が必要になります。 これは運転免許証やパスポートなど、また健康保険証などが必要になります。 過去に、アメリカで同時多発テロが起きたという背景により、金融政策として、上記のようなマネーロンダリングを防ぐために、日本でも身分証明書などを金融機関に提出し、送金などの際には、必ず本人確認が必要になりました。 これは、日本のお金などが、テロなどの資金源として使われてしまうことを防ぐためです。 また、お金がテロの資金源に入ってしまった際に、どこから送金が送られたのか?誰が送金を行ったのか?などを明確にするために、このように身分証明書の提示が必要となっています。 身分証明書などを、銀行などの金融機関に提出するが、目的は何なのか?と思う国民の方は大勢おられます。 このように、マネーロンダリングを防ぐ目的ということを知る人はあまりおられないです。 しかし、金融機関には、身分証明書の提示についての説明がポスターなどであり、それらを読み、知っているという方も中にはおられます。 国際社会の金融事情が、上記のように、テロなどの資金源になってしまったり、戦争の資金源などになってしまうような背景があるため、国民の方の中には、そのような背景に興味を持たれる方も多いです。 しかし、あまりマネーロンダリング対策として、身分証明書の提示などが求められる、というような背景についてはほとんどには知られていません。 銀行などで、身分証明書を求められるため、とりあえずに提示している…という方が多いことがあげられます。

↑ PAGE TOP